ページ内移動用のメニューです。


第7次中期経営計画

~ロジスティクス・パートナーとしての使命を果たすために~

期間:2019年4月1日~2022年3月31日

I.はじめに

    1.本計画の狙い

         国内物流市場の人手不足は年々深刻化しており、顧客からは、安定的な物流サービスの継続が切望されています。また、今後大きく進展する輸送や作業の自動化を見据えると、労務の提供だけでなく、顧客の課題を発見し解決する提案力も更に重要になっていきます。
       社会基盤の一翼を担う企業グループとして、創業以来の成長の基盤となっている「品質」を維持しつつ、安定的な物流サービスを提供し続け、顧客にとっての「ロジスティクス・パートナー」としての使命を果たします。
       本計画は、上記を実現するための計画とし、主な狙いは、以下の通りです。

    1. (1)多様な人材のニーズに応える人事制度、組織づくりを進める
    2. (2)作業現場の機械化、事務作業のシステム化、輸送の自社化を進める
    3. (3)3PL事業を発展させ「課題解決型ビジネス」を強化する
    4. (4)ESG(環境、社会、ガバナンス)に重点を置いた取組みを強化する

II.重点施策

    1.事業競争力の強化

    1. (1)3PL事業の強化
      1. ①3PL事業の売上拡大

    2. (2)グローバル物流事業の拡大
      1. ①海外現地法人の売上拡大

        ②フォワーディング事業の売上拡大

    3. (3)設備移設の強化
      1. ①設備移設の売上拡大

    4. (4)基盤事業の強化
      1. ①物流ネットワークの強化

        ②収受料金適正化の推進

    2.企業基盤の強化

    1. (1)人材の確保と育成
      1. ①人事制度・教育制度の整備

        ②働き方改革の推進

    2. (2)組織の見直し
      1. ①グループ会社の再編

        ②専門性、効率性を高める組織再編

    3. (3)品質と生産性の向上
      1. ①5S・見える化の推進

        ②IT・マテハン機器の拡充

    4. (4)M&Aの活用
      1. ①国内企業のM&A

        ②海外企業のM&A

    5. (5)CSRの推進
      1. ①ガバナンスの強化

        ②コンプライアンス、リスクマネジメントの推進

        ③持続可能な開発目標(SDGs)への対応

III.投資計画

    1. 設備投資:250億円
    2. M&A:100億円

IV.資本政策

    1.配当性向

         株主還元を重要政策と位置付け、配当については、会社の業績と配当性向、自己資本利益率などを総合的に勘案し、長期的に安定した配当を継続することを基本方針とします。配当性向は、5年間の連結ベース平均で20~30%程度を目途とします。

V.経営目標

    (単位:億円)

    2019年度

    2020年度

    2021年度

    連結

    売上

    1,230 1,290 1,380

    経常利益

    87 92 98

    ROE

    7.0% 7.1% 7.2%

    個別

    売上

    970 1,020 1,070

    経常利益

    74 78 82

東京証券取引所への発表資料はこちら

PDF東京証券取引所発表資料(平成31年3月25日発表)[185KB]

PDFファイルをご覧頂くには、Adobe Reader が必要です。


  • 8事業所にて品質管理の国際規格「ISO9001」認証を取得いたしました。
  • 本社を含む19事業所にて環境管理の「ISO14001」認証を取得いたしました。